classical concert Category

猛 雨の中、行ってきましたサントリーホールの第九。

無知の私はあいかわらず聞いても忘れちゃう、佐渡裕って?なんて状態でききましたが

素晴らしかった。

どこもみてもきいても、楽しくて、プロだった。

歓喜の歌では自然と涙が。私たちもそうだけど、周りの人も興奮状態で拍手してた。

ああ音楽って素晴らしい。

こんな曲を作ったベートーベンもすごい。
ベートーベンありがとう。オケのみなさんも合唱のみなさんもありがとう。

明日8歳の誕生日をむかえるももさんと佐渡さん
nine.jpg

いい席で見させてもらいました。音楽って値段のつけようがないのかもしれないけど、
感動するってのは価値があるっていうひとつの証拠なのかな。幸せな夜でした。
こんな機会をありがとうございますRさん。

次は来年、辻井さんです(初)
楽しみだなあ。

あきらめませんよ産むまでは。

ってことでクラシックコンサートに行ってきました。
まずはレストラン響 赤坂 風庭で腹ごしらえをして行きます。
サントリーホール行くなら、ここで食べるのが最高だったんですね。
雰囲気いいし、近いし美味しいし heart01 予約時に、禁煙をお願いしたら個室にしてくれました。

コースで食べて、腹の赤子からクレームを受ける。
せまいわーあほードンドコドン状態。

IMG_1382
 
 コンサートはサントリーホールで。
S 席ながらも2階席。どうなんだろう?と思ったら
演奏者の表情も指も見えるし、音も大きくきこえるしばっちりでした。
腰痛対策に、背中の裏にカバンを入れておきましたよ。

IMG_1384
 ※写真は開演前にとっております。その後ずっとスイッチオフ。

第14回チャイコフスキー国際コンクールのガラ。

エレーナ・グーセワ Elena Guseva(ソプラノ/Soprano) 【声楽部門・女声第3位、聴衆賞】
※声出てる!素敵!しかもいい曲だった。

セルゲイ・ドガージン Sergey Dogadin 【ヴァイオリン部門第2位(1位なし)、聴衆賞】
※靴ピカピカ!のりのりで自分がひいてないときも音楽真っ最中。うまいなあー 
髪の毛が形状記憶。 

ここで休憩。コーヒーとケーキをかきこむ。さらに赤子はクレームでドコンドコン。
え?カフェイン?一日一杯までよ! note

ナレク・アフナジャリャン Narek Hakhnazaryan 【チェロ部門第1位、聴衆賞】
※もてそう。うまい。 

ダニール・トリフォノフ Daniil Trifonov 【グランプリ、ピアノ部門第1位、聴衆賞】
※アイドルになりそう。汗だくでサラサラの髪がはりついている。そこが良い。
すでにファンがついている感じ。ワイルドでありながら香水風spa

音楽の国ロシア勢だらけです。声楽の一位と男性の声楽がきてなかったので(韓国だったかな)、
やっぱり震災のために来なかったのかなあと思ってしまった。
きてくれてありがとうロシア勢。

正直本当に良かったです。皆20歳から25歳。現役ばりばり、ノリノリで
若さあふれてて、一生懸命さが伝わる演奏でした。
一番の人気はピアノの子だと思うけど、チェロのナレク・アフナジャリャンが 
しっとり、控えめで素敵でした。引率の方happy01もこの子(男性)がお気に入りのようでした。

 ///

まとめ

  • お引っ越ししたら電子ピアノ買っていいですか?
  • 母親が楽しいことは胎教にいい。はずだ。 

クラシック音楽が大好きです。

| No Comments


めっちゃだい好きです。
本当に好きですheart04
そーゆーひと少ないなあ。 

学校の掃除のときにかかる音楽(アイネクライネナハトムジーク)、卒業式の時にかかるクラシック音楽を物語までつけて想像し、喜びに打ち震えていました。

無題
卒業式の曲のイメージ。姫が出てきたりするが、馬がレギュラー。
基本、湖畔。そしてもちろん曲名を覚えていないが、歌えます。

そして今回借りたCDのチャイコフスキー5番に満足いかず(リッカルドムーティ)
エフゲニームラヴィンスキ+レニングラード(Leningrad Philharmonic Orchestra)の方を買いました。 Youtube で見てから、指揮者で選んだ。ああ生で見たい!と思った時には
とっくに亡くなっていたりするんです。この人の5番の2楽章で、涙でるほど感動する。 

そのあと、ウィキペディア の「芸格とエピソード」以降をみて、ああ、なるほど。と納得した。
こういう人だから、こういう音楽がのこせるのね。すげーよムラヴィンスキ。
Евгений Александрович Мравинский。すげーよTypePad。ロシアネームまで問題なく表示か。

実際に買ったのはこっち。 リリースが1960年になってるんだけど…。

 ああ。Leningrad Philharmonic Orchestra を現地で生で見たい。
現地ってどこ。ロシア? 

Symphonies 4 5 & 6
Symphonies 4 5 & 6 Tchaikovsky Lgn Mravinsky

Melodiya 2008-11-11
売り上げランキング : 539063


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レニングラード国立歌劇場管弦楽団

| No Comments

コンサート行って来ました。

クリスマスコンサートっす。

DSC_0649

曲目

マスネ 歌劇タイスより 瞑想曲
チャイコフスキー 祝典序曲 1812年
シューベルト アヴェマリア
ベートーヴェン 交響曲第9番 ニ短調 op.125 第4楽章

他。っつー盛りだくさんな内容で、どうなるのかと思いきや
それをこなす力のある楽団でした。 
指揮者も元気で楽しいし、チェロ(たぶん Vadim Messerman というお名前の方)
ぽっちゃりしたおばさんで、弾いているとき腕とかプルプルしてるのに
すごく素敵な落ち着いた演奏だった。ソロもあった。

The Leningrad State Orchestra. Conductor Anatoly Ryobalko でした。
しかし、日本の東京ニューシティ管弦楽団というとこと合同だった。

道端ロマンチック

| No Comments

奥村智洋 さんという方のサロンコンサート行ってきた。

バッハ。

小さいところでこじんまりやるかと思ったら、100人くらい入れる
おしゃれな地下サロンで、天井も高くて音も良かった。

一部と二部の間にワインやおいしいジュースがふるまわれたりして
場所も代官山だし、なかなか良かったです。

曲目。(1052 しか知らなかった。)

ヴァイオリン協奏曲 ト短調  BWV1056
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV1052
ヴァイオリン協奏曲 イ長調 BWV1055
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042

DSC_0300

ところでこのピアノのメーカー、なんて読むの?

DSC_0301

---

その会場に行く途中に、十津川村のなにやらイベントをやっていて、
神様にささげて、そしてまたいただいてきたという石入りの首飾りを
買ってもらった。shine

その道端でふらりと立ち寄り、買う、っていうのが
素敵。

大きくていいわ。

Photo

そしてももさんには

すのこ新調。

DSC_0308


しかし、隙間のぼろぼろカーペットで寝るうさぎ。
そこまですきなのか。昨日和室で十分遊んだので、
食欲も戻り、ご機嫌良好です。

モスクワ放送交響楽団

| No Comments

いやー至福の時をすごしました。
13年前、短大時代に大ショックを与えた
最高オーケストラが帰ってきた。

席は前から6列目(だったかな?)S!!
ピアノの指が丸見えの位置。
あと3列うしろでもよかったかも。でも全体の音がすごくよくきこえた。

もうレベル高い。間違えないし、指揮者すごいかっこいい(おじいさま)
いちいちぐっとくる演奏でした。
拍手もすごく、みなわーわー言って終わりました。
来週もとれたら行ってしまうかも!!!!

お品書き

指揮者:ウラディーミル・フェドセーエフ
チャイコフスキー

スラヴ行進曲
ピアノ協奏曲第一番 変ロ短調 
交響曲第五番 ホ短調
アンコール2曲

ピアノ協奏曲のピアノが日本人だったんだけど
残念ながら個人的にはピアノが少し速かった。
指揮見てたかなあ。。
指揮者が合わせようとして、遠慮して演奏してる気がして残念。
その分、自分の仲間のみになったあとは(ピアノがいなくなったあとは)
すごかった。。。。

Dsc_0361

南国酒家とショスタコービチビチ

クラシックのコンサートによくいくが
心できくため全くタイトルや奏者の名前を覚えない。
はっはっは
ということで覚がき。

強風の中、NHKホールまで行って参りました。
いつものようにコンサートの前に南国酒家で
たっぷり夕飯をたべたあと出発。
紹興酒うまかった。。。。heart01
(いつもどおりおちょこいっぱいでいい気分。)

///

David Zinman, conductor
Lisa Batiashvili, violin

Dmitry Shostakovich(1906-1975)
Violin Concerto No.1 a minor op.77


ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第一番イ短調 77

よかった。バイオリンが情熱的で、指揮者ものっていて
近代音楽ぽく難しいところもあったけど楽しめた。
定期演奏会はアンコールがないんだけど(あることもあるのかな?)
このリサ・バティアシュヴィリさんのバイオリン、もっとききたかったな。

///

Franz Shubert(1797-1828)
Symphony No.8 C major D.944 The great

シューベルトの「ザ・グレート」
クラシックらしくききやすい曲。明るめ。
シューベルト死んでからの初演でメンデルスゾーンがふったらしい。
おもしろいねえ。

とにかくチャイコフスキーかショパンがききたいっす。

January 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

  • Chichi: ゆゆさん へー!呉西っていうんですね。このお祭り、もういっこ千葉県民から見ると楽しいのが、家の玄関につける提灯が独特なのと、のれん(呼び方はいずれも違ったような)が、各家の家紋がのっているらしき紫の布で、それがとっても綺麗でした。うちの家紋なんて知らない…。 最大の謎は、なぜみんな持っている?! なのですが、誰も説明してくれません(笑) あー写真撮り忘れてしまった。北陸新幹線開業までの間、ひとりPR活動がんばります!! read more
  • ゆゆ: チチさんこんばんは。 私、富山県の呉東出身(ちなみに氷見は呉西)・関東在住なのですが そのお祭り初めて聞きました。 おとこたち、激しそうですね・・・ ネハンダンゴのお守りとか懐かしいネタも多く楽しいので また是非きときとの富山ネタをお願いします(笑) 耳も心配ですが、関東の暑さも本当に酷いので どうかお元気に夏をのりきって下さいね。 read more
  • Chichi: ワイ ワイは仕事する人っぽいからねー 両立うまくできるといいね。(やっぱそれも会社によるねー) 転職ありがとうとう! そう。近所のあそこ、いいわー。すごくいいわー。 失敗もしてるけど、楽しくやってるわ。 (社員食堂がめちゃんこうまいのが、だいぶポイント高い。) read more
  • ワイ: 私も育児と仕事の両立にグラグラ揺れて 今とんでもない人生の岐路にいる雰囲気が漂っているところ。 転職おめでとう!! 近所にそういうところがあって羨まし〜い。 大小の悩みは尽きないけど、頑張りましょ〜 read more
  • ワイ: L様の寝言は日本語だったり英語だったりするなぁ。 最近は英語の寝言が結構優勢。カタコトなのに、 フシギだよね! そう言えば、歯ブラシ凄い良かった!!リピーターになりそう。 read more
  • Chichi: サルエルカー。おぼえられないね。 寝ているときは天使だねー。寝言も、寝相もかわいいね。 L様の寝言は日本語?英語?それとも… read more
  • ワイ: サルエルパンツだよ⊂((・⊥・))⊃ サルエルって元々はフランス語だかアラビア語だか・・らしい。 寝言、かわいいよね〜! 寝ている時が1番かわいい三歳児がうちにはいますが(ーー;) いいな〜そのアリさんシャツ、かわいい! read more
  • Chichi: 遅い家、尊敬するわー。 言葉早いみたいだから、2年後には予防接種で説得するようになるのね。。。けんかもするのかなあ不思議。 read more
  • ワイ: 旦那が遅い家の人です(^-^)/ ガミガミ怒っちゃうよ。言葉はもう十分分かるから、 説教も説得も長いよ〜~_~; そのうちこれが親子喧嘩へ発展していくのかな〜 read more
  • Anonymous: Keiさん 絶対食べないだろー!と思ったらぱくぱく食べたんですよね。 茹でてごま油かけただけのやつ…。 現在のところ、果物よりもブロッコリーの方が食べる状況。 どうせブームはすぐ変わるんです。気長いきましょー。 read more
Powered by Movable Type 6.0.6